連盟・支部概要

■ 日本少年野球連盟について

日本少年野球連盟 (愛称:ボーイズリーグ) は2013年1月内閣府より公益財団法人の認定を受け、正式名称が公益財団法人日本少年野球連盟に変わりました。

これは永年の頑張りが評価されたもので、当連盟では2013年を再出発の年と位置付け、さらなる飛躍を目指しています。

日本少年野球連盟のスタートは1970年。 最初はわずか28チームという一握りの小さな集団でしたが、いまでは北から南まで39支部、小・中学生の部併せて約743チームの大きな組織に発展しました。

ボーイズリーグは、創立以来」野球を愛好する少年たちに正しい野球のあり方を指導し、野球を通じて次代を担う少年の健全育成を図る」ことを目的に掲げ、活発な活動を展開しています。

そしてその活動内容は毎年、春と夏に全国大会を開催する他、世界少年野球大会、日中、日韓親善試合などの海外交流にも力を入れており、各ブロックでの地区大会は年間222大会にも及んでいます。

■ 日本少年野球連盟の目的及び事業

硬式野球を愛好する少年に正しい野球のあり方を指導し、野球を通じて心身の錬磨とスポーツマンシップを理解させることに努め、規律を重んじる明朗な社会人としての基礎を養成し、次代を担う少年の健全育成を図ることを目的としています。この目的にそって、次のような事業を行っています。

1. 少年野球の振興、指導、加盟団体に対する監督
2. 少年に適した野球の調査、研究、普及
3. 少年野球に関する全国規模及び地区別の各種国内大会の開催及び後援
4. 少年野球に関する各種国際大会、国際親善試合及び国際会議の開催
   ならびにこれらに対する代表等の選考及び派遣
5. 少年野球の指導者、審判員の養成及び講習会の開催
6. その他この連盟の目的達成に必要な事業

■ 支部規約

第1章 総則
(名 称)
第1条
この支部は、公益法人日本少年野球連盟愛知県東支部と称する。(事務所)
第2条
この支部の事務所は事務局長宅に置く。(目 的)
第3条
この支部は、公益法人日本少年野球連盟(以下、「連盟」という)寄附行為に基づき、趣旨に則り、その目的および事業を推進するため、所属チームの動向の常時完全掌握と、連盟の指示または通告事項の伝達と、その徹底を期することを目的とする。
(事 業)
第4条
前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
1.連盟の目的および趣旨に沿った寄附行為の遵守ならびに品位の保持の管理
2.所属チームの親善試合、練習試合または地区大会開催の場合の指導と管理
3.傷害保険に関する加入ならびに給付請求業務の指導
4.新規加盟申し込みの受付および資格審査と推薦
5.連盟負担金および中日本ブロック負担金の徴収と納入業務
6.選抜チーム編成の場合の選考
7.その他前条目的達成のために必要と認められる一切の業務

第2章 役員
(役 員)
第5条
この支部に次の役員を置く。
支部担当連盟役員 1名
支 部 長      1名
副支部長      若干名
事務局長      1名
理  事      若干名
監  事      若干名
顧  問      若干名(役員の選出)
第6条
チーム代表は理事とし、その他の理事および監事は支部理事会に置いて選任する。
支部長は支部および連盟より推薦を受けた者のうちから支部理事会において選出し、連盟理事会の承認を得なければならない。ただし、連盟理事会は必要に応じ支部長を特命することができる。(役員の任期)
第7条
役員の任期は2年とし、再任重任を妨げない。
補欠または増員により選任された役員の任期は、前任者または現任者の在任期間と同じとする。
(業 務)
第8条
支部担当連盟役員は、支部運営を監督・指導する。
支部長は支部を代表し、支部の業務を総理する。
副支部長は支部長を補佐し、支部長不在の場合はその職務を代理する。
事務局長は事務に関する事項および会計に関する業務の総括する。
監事は支部の会計および支部運営を監査し、必要に応じ支部理事会に報告する。
理事は支部業務を分掌し、委員長および委員の職につく。
(役員の義務)
第9条
この支部の役員は日常から連盟の目的および趣旨を理解し、常に組織の一員として良識ある行動をし、円滑な支部運営、大会運営、支部に所属するチーム運営ならびに選手の指導、育成に寄与しなければならない。
(解 任)
第10条
この支部の役員としてふさわしくない行為のあった場合、または特別な事情のある場合には、その任期中といえども支部理事会の議決により、これを解任することができる。
(執行機関)
第11条
この支部の執行機関は支部理事会とする。
(役員名簿の提出)
第12条
この規約に基づく支部役員が選出された場合には、その役員名簿を遅滞なく中日本ブロックに提出しなければならない。

第3章 会議
(会 議)
第13条
会議は、支部執行部会および支部理事会の2種とし、支部理事会を支部最高議決機関とする。
支部執行部会は支部長、副支部長、事務局長および審判部長で構成され、支部理事会は支部役員で構成される。
支部長が必要に応じ会議を招集し議長となる。
支部長が必要と認めるときは他の関係者も出席し、意見を述べることができる。
事業年度終了2ヶ月前までに支部理事会を開催し、以下の資料を中日本ブロックに提出しなければならない。
(1)次年度事業計画案
(2)次年度収支予算案また、事業年度終了2ヶ月以内に支部理事会を開催し、以下の資料を中日本ブロックに提出しなければならない。
(3)前年度事業報告書
(4)前年度収支決算報告書
(5)役員名簿
(6)地区大会開催届
4.支部理事会は総数の3分の2以上の出席で成立し、その表決権の行使を他の出席者に委任することができる
議案の議決は出席者総数の過半数でこれを決し、可否同数の場合は議長が決するところとする。

第4章 組織
(委員会)
第14条
この支部に以下の委員会を設置し、それぞれ委員長、委員を置く。
① マナー委員会
② 審判担当委員会
③ 行事委員会
④ 大会委員会
⑤ 球場担当委員会
⑥ 広報委員会
⑦ 会計、書記

第5章 財産および会計
(財産の構成)
第15条
支部の財産は、次に掲げるものをもって構成し、支部理事会が定める方法により支部長が管理する。
(1)チーム分担金
(2)選手登録費
(3)寄付金
(4)事業収益金
(5) その他収入
(分担金)
第16条
支部運営の基礎財源として、所属チームに支部分担金を課すことができる。
ただし、不均等な負担ならびに過重な負担とならないように十分留意しなければならない。
(会計年度および事業年度)
第17条
会計年度および事業年度は、いずれも毎年1月1日に始まり12月31日に終わる。
第18条
チームは支部費として、中学部は月額1 3,000円、小学部は月額7,5 00円を納入する。

第6章 補足
(連盟定款行為の準用)
第19条
この規約に定めない事項に関しては、すべて連盟定款を準用し、連盟定款に定めないものについては、支部理事会の議決によって決する。

《追加規定》
倫理・懲戒規定
(目的)
第1条  本規定は、公益財団法人日本少年野球連盟が担う少年野球の普及・振興と心身の健全な発達への寄与という重要な役割を鑑み、少年野球における暴力行為その他の不適切な行為の根絶を図り、もって連盟に対する社会的な信頼を確保することを目的とする。

(違反行為)
第2条  連盟に所属する役員、チーム指導者、選手、その他の関係者は次の行為を行ってはならな
い。
(1) 心身的暴力、暴言、いじめ、パワーハラスメント行為等を行うこと(暴力・暴言)
(2) 指導者に必要な範囲を明らかに超えた身体的接触、わいせつ行為や性的な言動、付きまとい行為、交際の強要等を行うこと(わいせつ・セクハラ)
(3) 技量の向上とは明らかに無関係なしごきや罰としての特訓等の不合理な指導を行うこと
(不適切な指導)
(4) 補助金等の不正受給、不正使用、連盟・ブロック・支部・チームの財産の横領、不適切な
支出等の不正経理、職務に関して不正な利益を供与し、申し込み要求し、または約束すること(不適切経理)
(5) 反社会的勢力と関係を有すること(反社会的勢力との関係)
(6) 法令や連盟の規定、その他の規定、処分等に違反すること(法令・規定違反行為)
(7) その他少年野球の品位を害し、又は連盟の名誉を害する行為(品位を汚す行為)

(違反行為に対する処分の種類)
第3条  違反行為を行った者は、その内容及び情状に応じて、公益財団法人日本少年野球連盟ブロック規定第12条に定める懲戒処分を受ける。
(2)違反行為を行った者の違反行為を教唆、ほう助した者、監督する立場にある者で監督を怠ったと認められる者も処分の対象とする。
(3)処分の基準は別表のとおりとする。

(懲戒委員会)
第4条  会長は、除名、解任、謹慎に相当する事案が発生したと認める場合には、懲戒委員会を設
置する。
(2)懲戒委員会は、連盟審査指導部長、当該ブロック長、その他若干名の委員をもって構成す
る。
(3)懲戒委員会は、当該ブロック長から当該事案の調査結果の報告を受け、別表に定める処分
の基準を踏まえて審議の上、処分案を会長に答申するものとする。
(4)会長は、懲戒委員会の答申を受け、懲戒処分が必要と認める場合には、ブロック長に報告し、その承認を得てブロック長が該当者を懲戒処分とする。

附 則
この規約は平成21年3月15日から施行する。
平成25年 3月15日一部改正
平成25年10月 1日一部改正
平成29年 4月 1日一部改正
平成30年 2月 4日一部改正
平成30年 4月28日一部改正
令和 2年 3月 1日一部改正

 

■ 支部細則

第1章 総則
第1節
この細則は、公益法人日本少年野球連盟(以下、連盟という)支部規約第15条に基づき本支部の運営に関し必要なことを定める。

第2章 理事
第1節
本支部の理事は各チーム代表とするが、副支部長および事務局長が代表を兼任している場合は、該当チームは別に理事を選出すものとする。
2.審判部長に関しては本支部では理事とし、審判担当委員会に所属する。

第3章 委員会
第1節
委員会
支部長は理事会の承認の下に次の委員会を設置しなければならない。
(1)マナー委員会
(2)審判担当委員会
(3)行事担当委員会
(4)大会担当委員会
(5)球場担当委員会
(6)広報委員会
(7)会計、書記第2節
各委員会はそれぞれ支部長が理事の中から任命する委員長を含めて、2名以上の委員で構成する。

第4章 委員会の任務
第1節
マナー委員会
(1)本支部のマナーに関しての行動規範を定める。
(2)各チームが行動規範に則って活動しているかどうかの確認
(3)行動規範に違反したチームへの指導・教育の実施
(4)支部長への報告
第2節
審判担当委員会
(1)審判員の確保
(2)審判員の技術向上のための活動
(3)大会時の審判員の配置
(4)審判担当委員会の会計業務および監査
(5)ルール変更時の伝達および説明
第3節
行事担当委員会
(1)大会以外の支部の行事および理事会に関する会場手配
(2)行事および会合の役員への連絡
(3)支部納会の会場手配および連絡
(4)野球教室、講演会などの手配および運営
第4節
大会担当委員会
(1)支部主催大会に関する運営全般
(2)支部主催大会での担当チームへの助言および指導
(3)支部主催大会以外で支部内に誘致された大会への協力
(4)大会時に発生した問題点の支部長への報告
第5節
球場担当委員会
(1)支部主催大会の開催球場の確保
(2)支部主催大会の日程調整
(3)支部主催大会の会場の整備状況確認
(4)担当チームへの球場整備体制の確保
第6節
広報委員会
(1)支部主催大会のマスコミへの案内および結果報告(各新聞社およびボーイズニュース)
(3)中日スポーツ新聞広報の業務管理
(4)支部ホームページの管理および更新
第7節
会計・書記
(1)支部の予算立案
(2)支部の会計報告の作成
(3)支部の収支管理
(4)書記は理事会の議事録の作成
(5)議事録の管理および配布

■ 支部組織

yakuinのサムネイル yakuinyakuwariのサムネイル